ハンサード・インターナショナル・リミテッドの特徴や評判について

投資家でハンサード・インターナショナル・リミテッドという言葉を知らない人はいないでしょう。ハンサード・インターナショナル・リミテッドは世界有数のオフショア金融センターであるマン島の金融サービス企業です。ロンドン証券取引所に上場しているハンサードグループの一員です。今回はハンサード・インターナショナル・リミテッドに関する特徴や評判について紹介していきましょう。

ハンサード・インターナショナル・リミテッドの特徴

マン島は英国王室属領であり、歴史の古さや厳格な金融規制を有しています。自然が豊かな島としても知られていて、ユネスコ生物圏保護区域にも指定されているほどです。それだけではなく、世界最古の議会を有している、独自の政府、独自の法律で運営されています。そのため、政治経済面で安定しているという評判の高さが言われているのです。

マン島では、投資家の居住地に関わらず法律に基づいて運用資産の評価額の90%が保護されます。規制の厳しいマン島だからこそ、オフショア金融センターとして認められているのでしょう。

ハンサード・インターナショナル・リミテッドの魅力

ハンサード・インターナショナル・リミテッドの魅力は、お客さまのさまざまなニーズに応えて、資産の長期的な成長をサポートしてくれるところです。世界有数のオフショア金融センターだからこそ、高い信頼と実績があるため、多くの人が相談や依頼をしています。しっかりと信頼できるところと取引をしたい人こそ、ハンサードはおすすめされています。

日本におけるハンサードとは

日本でもハンサードは金融商品取引業者として登録されています。主に個人のお客様向け、資産運用商品のファンド運用業をしているのです。独自の文化と伝統を持つマン島で議会を有しています。979年から現在まで議会(ティンワルド)が開催されているのです。

それだけではなく、マン島は1907年から100年以上続くオートバイ競技の開催地としても知られています。他の場所ではないような伝統と文化を持っているのです。ちなみにマン島と日本はまったく関わりがなかったわけではないようです。自動車メーカーの創業者がマン島のオートバイ競技で優勝できるバイクを製造するように、と言ったことも有名な話です。ちなみに1959年に初出場、1961年に優勝したという話も有名です。

投資家にとってハンサードは特別と言っても過言ではありません。だからこそハンサードで取引をする人も多いのです。さまざまな魅力があるからこそ、規制の厳しいオフショア金融センターとして認められているのです。古い歴史を持つからこそ、投資家として成功したい人はハンサードを選ぶのではないでしょうか。

日本にもハンサードはあるので、投資を検討している人はぜひとも候補に入れてみてはいかがでしょうか。投資だから確実に成功をするとは言えません。しかし、評判の高さから少しでも確率を高く出来るかもないという意見が多くあります。

ハンサード・インターナショナル・リミテッドの最新Instagramはこちらから!